30代人生九十九折

三十路を迎えた男のブログ。日記感覚(ときどきeco日記)で更新しています
30代人生九十九折 TOP  >  日記 >  エンタもリサイクル

エンタもリサイクル

みなさん、こんばんは

この週末から週明け月曜日、海の日まで3連休という方も多いのでは?
かくいう私もその一人ですが。

いつもより休みが1日多いだけで気持ちにゆとりがあったりしますね。
洗濯も2回できたし、買い物にも行きましたし。。。

そんな今日、私の心に残ったトピックスが2つあります。

一つ目は
<ドラゴンボール>
完全新作アニメの劇場公開決定 鳥山明が脚本協力


そしてもう一つが
ギャバン、銀幕で蒸着!初の映画化よろしく佑磨

懐かしいです、昔見ていた作品が再び甦るんですから。

聖闘士聖矢(セイントセイヤ)も外伝(続編?)がリリースされてますしね。

エンターテイメントもリバイバルブームです!
(エンタメのリサイクルや!)

よろしければポチ下さい ⇒   
                   ↑ 別ページで開きます ↑

トピックスの詳細は続きをどうぞ

<ドラゴンボール>
完全新作アニメの劇場公開決定 鳥山明が脚本協力

まんたんウェブ 7月14日(土)0時0分配信

鳥山明さんの大ヒットマンガ「ドラゴンボール」の完全新作劇場版アニメ「ドラゴンボールZ」が13年3月30日に公開されることが14日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)NO.33で発表された。オリジナルストーリーが展開され、アニメ版としては鳥山さんが初めて脚本に協力する。鳥山さんは同誌に「オリジナルの雰囲気はそのままに、ほんの少しだけ味付けを現代風にして、昔どおりの楽しい娯楽作品になると思います!」とコメントを寄せている。

 「ドラゴンボール」は同誌で84~95年に連載され、コミックスの発行部数は国内のみで約1億5000万部を誇る大ヒット作。アニメは86年にフジテレビ系でスタートし、89~96年に「ドラゴンボールZ」、96~97年に「ドラゴンボールGT」を放送。09~11年には「ドラゴンボールZ」をリメークした「ドラゴンボール改」が放送された。劇場版アニメは86年の「ドラゴンボール 神龍の伝説」をはじめ17作品が公開された。

 劇場版アニメ「ドラゴンボールZ」は、アニメ「デジモンクロスウォーズ」「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」を手がけた細田雅弘監督がメガホンをとり、映画「GANTZ」「20世紀少年」シリーズの渡辺雄介さんが脚本、アニメ「ドラゴンボール」シリーズや「墓場鬼太郎」の山室直儀さんが作画監督、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の加藤浩さんが美術監督を担当する。(毎日新聞デジタル)


ギャバン、銀幕で蒸着!初の映画化よろしく佑磨
スポーツ報知 7月14日(土)8時3分配信

 1982~83年にテレビ朝日系で放送され、人気を博した特撮ヒーローものの「宇宙刑事ギャバン」が、初めて映画化されることになった。映画「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」として10月20日に公開される。映画「あずみ」などで人気の俳優・石垣佑磨(29)が主演を務め、テレビ版の主人公・一条寺烈を演じたアクション俳優の大葉健二(57)も初代ギャバンとして出演。2人そろっての変身の決めゼリフ「蒸着(じょうちゃく)!!」が響き渡る!

 宇宙犯罪組織マクーから地球を守るため、銀河連邦警察より派遣された宇宙刑事ギャバン。ハリウッド映画「ロボコップ」のモチーフにもなった、といわれ、シャリバン(83年)、シャイダー(84年)と続く「宇宙刑事シリーズ」の礎を築いた伝説のメタルヒーローが新キャストを迎え、完全復活を遂げた。

 今年で生誕30周年を迎える「ギャバン」は、今年1月公開の映画「海賊戦隊ゴーカイジャー VS 宇宙刑事ギャバン」で30年ぶりに復活した。以前から映画化案はあったが、同作が全国52万人動員のヒットを記録したことを受け、ギャバン単体としての映画化が決まった。

 今作は大葉が演じた初代ギャバンの後継者に選ばれた新ギャバン(十文字撃)が、初代と力を合わせて敵に立ち向かうというストーリー。アクションへの情熱が認められ、十文字役に起用された石垣は「自分が2代目ギャバンになれるとは…正直、頑張るしかないと思いました」。撮影は6月に行われ、大葉も「初顔合わせのおはらいのとき、彼だけが初代、2代目のギャバンのヘッドマスクに一礼した。その瞬間、彼はもう2代目ギャバンだと思った」と太鼓判を押した。十文字の相棒、大熊遠矢役は永岡卓也(27)、ヒロインのシェリー役は「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンイエローを演じた森田涼花(19)に決まった。

 2代目ギャバンは目と胸が青色(初代はオレンジ色)に輝く以外、ほとんどが初代のデザインを踏襲。「蒸着!!」のセリフが特徴の変身ポーズもそのまま引き継がれた。必殺技、マシンなどは初代のイメージを参考にしながら進化。また「あばよ涙、よろしく勇気」の歌詞で人気の串田アキラ(63)による主題歌も登場するという。

 製作の東映は「仮面ライダー」「スーパー戦隊」という特撮ヒーローものを抱えるが、日笠淳プロデューサーは「2世代で楽しめるキャラクター。恋愛なども交えながら、より大人も楽しめる内容にしたい」と語っている。また、東映ビデオの佐藤現プロデューサーは「今作から新しい歴史が続いてほしい」とシリーズ化に意欲をみせた。

 ◆石垣 佑磨(いしがき・ゆうま)1982年8月28日、東京都生まれ。29歳。2000年の「ホリプロ21世紀ムービースターオーディション」で準グランプリを獲得し、俳優デビュー。日本テレビ系ドラマ「ごくせん」「WATER BOYS」などで人気を博し、03年の映画「あずみ」が話題になった。NHK―BSプレミアムの時代劇「薄桜記」が放送中。

 ◆ロボコップにも影響 ○…オリジナル作品で一条寺が「蒸着」するコンバットスーツは特殊軽合金グラニウム製とされ、胸のディメンションコントローラーにより異次元、宇宙空間でも活動が可能とされた。頭部の電飾は人間に化けた敵をも見破るセンサーになっている。主な武器は拳や指先からバードニウムエネルギーを放つ破壊光線・レーザーZビームやシルバービーム、ギャバンパンチ、ギャバンキックなどがある。

イイもんはイイ!ってことですな。

親子の会話が増えることにつながりますから
親子で楽しめる文化、良いんじゃないですか?!

では本日は長くなりましたので
これにて失礼します
[ 2012/07/14 23:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

名言集
アフィリエイトB
副収入なら
エトセトラ



blogramのブログランキング