30代人生九十九折

三十路を迎えた男のブログ。日記感覚(ときどきeco日記)で更新しています
30代人生九十九折 TOP  >  日記 >  色褪せないメロディ[2014/10/13]

色褪せないメロディ[2014/10/13]

みなさん、こんばんは

ただいま神奈川に台風19号が近づいて来ています。
雨風が強くなっています。

不安な夜を迎えています。


今日は体育の日、以前(10日に固定されてた頃)ならば
晴れの特異日だったんですがね。

近年(第二月曜になってから)は別の意味で大当たりです。

よろしければポチ下さい ⇒   
                   ↑ 別ページで開きます ↑

もう過ぎましたが10月11日はウィンクの日。

昨年は一日遅れでWinkにちなんだトピックスを紹介しました。

今年は2日遅れでお届けします。
つづきからどうぞ

バニビ、新曲はWink“幻の未発表曲” 作曲は故・井上大輔さん
オリコン 10月12日(日)6時0分配信

2人組アイドルユニットのバニラビーンズが、1980年代にブレイクした同じく2人組ユニット・Winkの未発表曲「有頂天ガール」を新曲として、11月11日に発売することが、わかった。同曲は、元ブルーコメッツのメンバーで、郷ひろみの「2億4千万の瞳」(84年)や、フィンガー5の「学園天国」(74年)、などの代表作を数多く生み出した作曲家、故・井上大輔さんが25年前に手がけた“幻の未発表曲”。80~90年代バブル期のキラキラしたサウンドと、ちょっとレトロな衣装で、現在のモヤモヤした日本を元気づける応援ソングとなっている。

同楽曲は88年にデビューし3枚目のシングル「愛が止まらない」(88年)でブレイクしたWinkのサード・アルバム『Twin Memories』(89年)用に書き下ろされたもののだが、レコーディングまでに詞が完成しなかったことやスケジュールの問題もあり、アルバム収録には至らずお蔵入りにとなっていた。

 今回、ラジオ番組のコーナーで、ラッツ&スターの「め組のひと」を歌うこととなり、すっかり井上大輔メロディにハマってしまったメンバーのレナが、未発表曲の存在を知ったことでスタッフを通じて猛アプローチ。Winkとの“2人組アイドルユニット”という共通点にも縁を感じ、同楽曲を管理していた会社に許諾をもらって、未だ歌詞のついていなかった楽曲に新たに詞とタイトルをつけて発売するに至った。

 さらに、カップリング曲としてベートーヴェンの「エリーゼのために」を井上さんがオールディーズ風にアレンジし、カネボウ化粧品のCM曲として大ヒットしたザ・ヴィーナスの『キッスは目にして!』(81年)のカバーを収録する。バニビは「井上大輔さんの楽曲を私たちバニラビーンズのオリジナル曲として歌わせていただけることに感謝しながら、今回の楽曲のテーマとなっている応援歌が一人でも多くの人の背中を押す楽曲になれば」と想いを込めた。

大ちゃんメロディ、私も好きです。

気取りがないのに、ちょっとオシャレ
いつの時代にも合う
それでいて聴きやすいんですもん。


「人の価値は何を残したかだ」って
故人にも関係の深いアニメの中で
そんなセリフがありましたっけ。

何を賭けるのか 何を残すのか
I pray, pray to bring near the New Days

(哀戦士の歌詞より)

いろんなものを残してくれた井上大輔(忠夫)さん
まだ彼の未発表曲は多いはず!

楽しみを残してくれてたんだね、大ちゃん。


なんか勇気もらったぞ!
明日からまた頑張ります。

今日はこれにて
ではまた
[ 2014/10/13 23:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

名言集
アフィリエイトB
副収入なら
エトセトラ



blogramのブログランキング