30代人生九十九折

三十路を迎えた男のブログ。日記感覚(ときどきeco日記)で更新しています
30代人生九十九折 TOP  >  日記 >  定着するも、しないも・・・流行語

定着するも、しないも・・・流行語

みなさん、こんばんは

今日から12月、師走です。

師走の由来は「師」がお坊さんを表わしており、
そのお坊さんがお経をあげるために西へ東へと走るほど
忙しいところからとか、
・・・そうじゃないとか諸説あるようです。


これから年末に向け忙しなくなります。

今のうちから要るものと要らないものの分別からはじめましょうか。

良い運気を呼び寄せたいですから
断捨離して新しい年を迎えましょう。

捨てるにしても材質を見きわめ
ゴミ分別 しませんとね。

よろしければポチ下さい ⇒   
                   ↑ 別ページで開きます ↑

断捨離って言葉、意外と定着してますよね。
そういや2010年の流行語だったなぁ。

ところで今年の流行語は・・・気になりますよね?

つづきからどうぞ

【2014新語・流行語】年間大賞2語が決定
「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」

オリコン 12月1日(月)17時0分配信

その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2014 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が1日発表され、お笑いコンビ・日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」と、「集団的自衛権」の2語が年間大賞に選ばれた。

 今年、大ブレイクを果たし「年間大賞」に選ばれた日本エレキテル連合の決めフレーズ「ダメよ~ダメダメ」。それに対する「いいじゃ~ないの~」と併せて、コントの枠を超え、世間一般のさまざまな場面で人々の口から発せられた。お笑い芸人の“言葉”が大賞を受賞するのは、2012年度の「ワイルドだろぉ」(スギちゃん)以来、2年ぶりとなる。

 また、憲法9条を巡り、連日のニュースで数多く取り上げられた「集団的自衛権」も年間大賞を受賞。30年前から既に『現代用語の基礎知識』に収録されていたが、今年度の注目ぶりが決め手となり、受賞する運びとなった。

 先日、発表された大賞候補50語の中には、「危険ドラッグ」「デング熱」「エボラ出血熱」などもノミネートされており、選考委員の清水均氏は、「ざっくり分けるとしたら、テレビやアニメなど“物語”から生まれるフィクション系の言葉と、現実の出来事から生まれるノンフィクション系の言葉、ということになりますが、今年の新語・流行語はノンフィクション系が優勢でした」と選評している。

 同賞は1年の間に軽妙に世相を表現している“言葉”、広く大衆の目や口、耳を賑わせた“言葉”の中から選出。11月19日に大賞候補50語が発表されていた。

【2014新語・流行語】トップテンに選ばれたのは下記のとおり
「受賞語」:受賞者
■「ありのままで」:ディズニー アナと雪の女王チーム
■「カープ女子」:石田敦子氏(漫画家)、大井智保子さん、古田ちさこさん、天野恵さん(カープ女子)
■「壁ドン」:映画『LDK』
■「危険ドラッグ」:古屋圭司氏(衆議院議員・元国家公安委員長)
■「ごきげんよう」:美輪明宏 (歌手・俳優)
■「集団的自衛権」:受賞者辞退
■「ダメよ~ダメダメ」:日本エレキテル連合(中野聡子、橋本小雪)
■「マタハラ」:杉浦浩美氏(立教大学 社会福祉研究所 特任研究員)
■「妖怪ウォッチ」:日野晃博氏(妖怪ウォッチ クリエイティブプロデューサー/
企画・シナリオ原案)
■「レジェンド」 :葛西紀明選手(株式会社土屋ホーム スキー部)、青木功氏(プロゴルファー)、山本昌広選手(中日ドラゴンズ・投手)

今年だけのものになるか、それとも・・・?
一発屋で終わるか、レジェンドになるか?

どうなる?日本エレキテル連合

ありのままの~♪
スッピン見せるのよって
タイタンの太田光代社長の策略(妖怪ウォッチみたいなぁ)か?
それとも集団的自衛権の行使か?

これってマタハラにならないよね?
ならないからって、ダメよ~ダメダメ!

カープ女子じゃないとダメよ?~ダメダメ?

壁ドンしないと、ダメよ~ダメダメ!

そろそろおあとがよろしいようで
では・・・ん?

今日最後の挨拶は

ごきげんよう、さようなら
[ 2014/12/01 23:50 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

名言集
アフィリエイトB
副収入なら
エトセトラ



blogramのブログランキング