30代人生九十九折

三十路を迎えた男のブログ。日記感覚(ときどきeco日記)で更新しています
30代人生九十九折 TOP  >  雑談・雑記 >  ハリウッド実写版で未来予想?

ハリウッド実写版で未来予想?

こんばんは\(^▽^)/!

今日は日付が変わった頃から
南風に変わったことが影響し
比較的暖かくなりました。

おかげで朝は布団から出るのが楽でしたよ。
(拍子抜けするくらいに)

暦の上では小寒なんですがね。


でも明日は打って変わって冷え込むようです。
やはり『寒の入り』ってやつですね。


私にとって明日は『仕事初め』
明朝が心配です。
起きられるかなぁ?

よろしければポチ下さい ⇒   
                   ↑ 別ページで開きます ↑

寒さ厳しい冬の朝
できることなら
環境温度に対する感覚を
切りたいくらいです。

某アニメの
「感覚器官を切っておけ!」
なんてセリフが頭の中で繰り返されています。

ハリウッドで実写化されるアノ作品のことですよ!
気になる方はチェックしておいてください。
 

『攻殻機動隊』ハリウッド実写化、スカーレット・ヨハンソンが主演
クランクイン! 1月6日(火)11時8分配信

 米ドリームワークスが製作を進めている、士郎正宗原作の人気サイバーパンク・コミック『攻殻機動隊』ハリウッド実写版に、映画『LUCY/ルーシー』(14)のスカーレット・ヨハンソンが主演することが決まったとVarietyが伝えた。

 スカーレットは昨年、出演をオファーされていると伝えられていたが、出演を承諾したと複数の関係者が話しているそうだ。

 『攻殻機動隊』は、サイボーグ技術が発展した近未来の日本を舞台に、公安9課の草薙素子を隊長とする攻殻機動隊の活躍を描くが、スカーレットは主人公の草薙素子にあたる役を演じることになる予定とのこと。ハリウッド版に脚色された主人公の名前や、ほかのキャストなどは未定のようだ。

 Varietyによると、ドリームワークスの創業者の一人であるスティーヴン・スピルバーグ監督が原作の大ファンだという。人気スターのスカーレットの起用により、製作に拍車がかかると見込まれているそうだ。また、パラマウント・ピクチャーズが共同製作および共同出資する可能性があるという。

 ハリウッド実写版では、映画『スノーホワイト』(12)のルパート・サンダーズが監督を務めると伝えられている。製作は、映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『アイアンマン』(08)など多くのアクション・スーパーヒーロー系作品を手掛けるアヴィ・アラッドと、映画『ゴーストライダー』シリーズのスティーヴン・ポール。脚本は、映画『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』(11)のウィリアム・ウィーラーが手掛ける予定だ。

光学迷彩はCGで表現されるんでしょうねぇ。
やっぱハリウッドですからねぇ。

いくらハリウッドだからって(別の作品と思うような)
変なアレンジはしないでもらいたいですね?


ところで
日本語吹き替えはどうするんだろう?

スカヨハ役は
田中敦子さん?
それともARISEの坂本真綾さん?

ほかのキャスト含めて
攻殻の雰囲気を崩さない配役でお願いしますだ。

タレントを起用することにこだわらないでねぇ。


いずれにせよ
ハリウッド版『攻殻機動隊』の完成を楽しみに
待つとしましょうか。


では今日はこれにて

またお会いしましょう
[ 2015/01/06 16:50 ] 雑談・雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

名言集
アフィリエイトB
副収入なら
エトセトラ



blogramのブログランキング