30代人生九十九折

三十路を迎えた男のブログ。日記感覚(ときどきeco日記)で更新しています
30代人生九十九折 TOP  >  エコ日記 >  琵琶湖の「悪者」をバイオ燃料に

琵琶湖の「悪者」をバイオ燃料に

環境ワード:バイオエタノール

こんなニュースを見つけたので紹介します

琵琶湖の「悪者」をバイオ燃料に 水草から精製、成功
                 湖面を覆う水草
「ウオーターレタス」と呼ばれるボタンウキクサ
 驚くばかりの繁殖力で夏には琵琶湖の湖面を覆い、航行の障害や悪臭の原因となるウオーターレタスから、バイオエタノールをつくる技術を滋賀県東北部工業技術センターや京都大学などの研究グループが編み出した。これまで駆除に手間ばかりかかっていた「厄介者」が、ガソリンの代替燃料として実用化される日は近い。
                 ボタンウキクサ
 正式名ボタンウキクサ。繁殖力がきわめて強い外来種で、毎年夏から秋にかけて琵琶湖南部の入り江を埋め尽くす。生態系への影響も懸念されているため、県は07年度、約7千万円を費やし、ほかの水草と合わせて約2800トンを除去した。

 「エネルギーに転用できないか」と考えたのは、同工業技術センターの松本正主任専門員。07年度から研究に取りかかり、翌年度からは京大産官学研究センターの牧野圭祐特任教授(生化学)と京大エネルギー理工学研究所の渡辺誠也助教(分子生物学)らも加わった。

 成功の決め手は渡辺助教が開発した酵母だった。水草にはトウモロコシなどの穀物にはない糖類が含まれ、エタノールへの変換を邪魔していた。この糖類を発酵させる酵母を遺伝子操作でつくり出し、高濃度のエタノールが精製できるようになった。

 商業ベースにのせるため、3年後をめどに琵琶湖岸に実証プラントを建設する予定だ。

 牧野特任教授は「琵琶湖の水草を貴重な資源として利用することで、エネルギーを地産地消するモデルを作りたい」と話す。

                         asahi.comニュース(2009.4.4)より


早く実現して欲しいものです

皆さんはこのニュースどう読み解きますか?

ご意見の聞かせ下さい

よろしければポチ下さい ⇒      
                        ↑ 3つとも別ページで開きます 
[ 2009/04/05 09:12 ] エコ日記 | TB(0) | CM(2)
自分の家の近くには「池」という名称では日本で一番大きいという「湖山池(こやまいけ)」というのがあるんですが、富栄養化で梅雨時期とか夏場とかアオコが浮いて臭いんです。
昔は泳げたらしいのですが、今はそんな人いません。
まあ、実家は池の傍にないから私は実感しませんけど…
アオコって何だか判りませんが、そんなんもバイオ燃料に使えたらいいのにと思いました。
でも、本当に一番悪いのは水質を悪化させたり、自然環境を都合良く変えた私達なんですよね。

では、また遊びに来ます!
[ 2009/04/05 18:59 ] [ 編集 ]
お返事
いなかの白ウサギさんへ

やはり実体験があると捉え方も違いますね
> 自分の家の近くには「池」という名称では日本で一番大きいという「湖山池(こやまいけ)」というのがあるんですが、富栄養化で梅雨時期とか夏場とかアオコが浮いて臭いんです。
> 昔は泳げたらしいのですが、今はそんな人いません。

アイデアが大事です
アメリカでは藻でバイオ燃料を作り出すといった研究があるくらいですから
> アオコって何だか判りませんが、そんなんもバイオ燃料に使えたらいいのにと思いました。

まさにおっしゃるとおりですね
> でも、本当に一番悪いのは水質を悪化させたり、自然環境を都合良く変えた私達なんですよね。
[ 2009/04/06 04:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

名言集
アフィリエイトB
副収入なら
エトセトラ



blogramのブログランキング